茨城言友会21年2月度オンライン例会 ダイジェスト

茨城言友会21年2月オンライン例会

例会概要

開催日:21年2月21日(日)13:00~15:00
参加者:4名(内:外部参加者1名)
オンライン開催(Zoom利用)

近況報告

  • 中古の耕運機をヤフオクで購入して遊んでいるが、今までの経緯から「また変なものを買って」と奥さんに白眼視されている。
  • 吃音状況も少し改善したので、喋りの練習としてClubHouseで遊ぼうとしたらイマイチ「合わなかった」。
  • amazonのハイレゾ音源ストリーミング配信にはまっている。機能の多い3DCADソフトを上手に使って3Dプリンタで出力したい。
  • 4月からの新しい職場に向けて、吃音改善に向けた喋りの練習をしたい

広島言友会 大崎氏資料の紹介

『腹式呼吸法による吃音矯正の体験』スライドの共有

  • 声楽と共通の腹式呼吸を用いて「声を飛ばす」ことで吃音は改善される。
    →心理学的な論文・エビデンスベースではない吃音改善、発話の「バイパス」を作る
  • 声を出すことが重要(歌う時にはどもらない、のは昔から言われている)が、今回の大崎氏資料は「心がけが新鮮」となる。
    言友会における長年にわたって醸成された「文化的なミーム(社会的、文化的な情報)」を伝えることが重要。
  • そもそも、人間は「正しい」発声法を知らないのでは?
    →腹式呼吸による「発話の回路」を作る重要性。
  • 作為なく自動的に声が「出る」ことを意識、口笛、ウグイスの声のように発声することが理想。
  • 口の形を意識して喋ってみよう、自分の納得できる表現を模索しよう!

スライド紹介者ポイント

  • 改善になりそうな対策案(禅・声楽etc)をすでに実施している、実行力・持続力が重要になってくる
  • 言友会会員そのものの生きてきた「一人ひとりの物語」とミームを踏まえた上で、喋る訓練を行うのは重要な要素となる。

その他の話題提供

  • 自分の中のクライシスプラン(再発防止計画)を見つけることは、吃音の状況を周囲に伝えるのには使えるのでは?
  • その時々の自分の病状や吃音状況などをまとめた記録を、紙やアプリなどの手段で取ることが重要になってくる。
  • 話す際の身振り手振りの練習をどうする?
    →ジェスチャーの重要性、非言語コミュニケーションの重要性。
    →40年前に行った野口体操(体を緩める体操)の思い出から、体を緩める重要性
    →心だけではなく「身体に目を向ける」ことを意識する(大崎氏研修会資料をベース)

クライシスプランについてはこちらを参照のこと

独立行政法人 国立病院機構 看護なう(平成30年2月16日)
独立行政法人 国立病院機構 下総精神医療センター

次回例会のお知らせ

茨城言友会21年3月度オンライン例会

21年3月21日(日)13:00~16:00
オンラインにて開催(Zoom利用)

詳細は茨城言友会noteにて告知します。

茨城言友会外で例会の参加を希望される方へ

サイト内お問い合わせフォームより連絡をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました